システムマインドで企業のソフト化をオーガナイズ
ロゴ

新入社員紹介

第2新卒採用 キャリア採用                                                  新人紹介

2012年度の新入社員を紹介

名前:
中山 哲朗
出身校:
KCS大分情報専門学校
趣味:
読書、音楽鑑賞、ゲーム
休日の過ごし方:
部屋の掃除や、趣味の時間に使っています。
入社動機:
就職活動中に、学校の講師から勧められました。企業説明会で東京に支社を置いたと聞き、勢いに乗った会社だと感じ、そんな中で私も働きたいと思ったからです。

名前:
江田 晃史
出身校:
KCS大分情報専門学校
趣味:
運動(スポーツ全般)、スポーツ観戦、料理、読書
休日の過ごし方:
社会人のサッカーチームに所属しているので、チームの練習や試合に参加しています。
入社動機:
興味を持ったきっかけは、地元(大分)に本社を持つIT関連の会社と言うところでした。入社を決めたのは、面接での社長や部長の人柄にひかれて、この人達の下で働いてみたいと思ったからです。

ビジネス基礎の習得 感想
● ビジネスマナー
  (電話, 来客の応対)


● ビジネス文書の作成
  (日報, 週報, レポート)



中山 哲朗
普段から慣れていない電話や来客の対応にとても緊張しました。ですが、先輩からの指摘やアドバイスのおかげで、少しずつ慣れていくことができました。
江田 晃史
電話・来客の応対は、3ヶ月経過した現在でも緊張しますが、お客様に対して失礼にならない態度を心がけながら、お客様と接する機会を楽しんでいる自分がいます。
開発技術の習得 感想
● 開発環境の構築
 ・Eclipse, tomcat, 仮想マシン等

● プログラム言語の習得
 ・Java, VisualBasic, シェル(bash)等

● ホームページの作成
 ・HTML, CSS, jQuery等の習得

● データベースの基礎及びSQLの習得
中山 哲朗
Java言語やHTMLは学校で学んだことがありますがVisualBasicやシェル等の初めて触れる言語も学びました。3ヶ月間の長い研修のおかげでしっかりと学習することができました。
江田 晃史
研修前は、プログラムの基礎しか理解していない自分が業務を行えるのか不安に思っていましたが、3ヶ月間多くのことを学ぶことが出来たので、不安な思いは無くなりました。
職場の雰囲気
中山 哲朗 全員が集中して仕事に取り組んでいるので、職場は静かです。そのため、気が散ることなく仕事を行うことができます。
江田 晃史 仕事中はとても静かで、自分の作業に集中できます。また、困った時は先輩に気兼ねすることなく、相談できる環境です。

会社の魅力
中山 哲朗 全員が仕事を熱心に行っていますので厳しい指摘もあります。そんな中で努力を続けていけば、沢山のスキルアップが図れると思います。自分自身の成長を期待できることが何よりの魅力だと思います。
江田 晃史 少人数だから、社内の雰囲気が明るく和やかなところです。また、社員一丸となって会社の為に働く姿勢も魅力だと思います。

今後の目標
中山 哲朗 ビジネスマナーも技術的な知識もまだまだ上を目指したいので、今後は業務を行っていく中で積極的に学んでいこうと思います。
江田 晃史 お客様と直接関わることの出来る、SEを目指しています。その為に、プログラムの専門知識だけでなく、幅広い分野の知識を身につけたいと思っています。
就職活動中に苦労したこと
中山 哲朗 自己分析に苦労しました。就職活動において自己分析は当たり前のことかもしれませんが、自分を客観的に見ることがとても難しかったです。
江田 晃史 一般常識の学習に苦労しました。
専門学校は、大学と比べると一般常識を学習する機会が少ないので、就職活動前から行っていました。

学生の間にやってほしいこと
中山 哲朗 学生の時間を有意義に使ってほしいと思います。学校で専攻している分野の勉強や資格試験の他にも、サークル活動やアルバイトを経験してみるなど充実した学生生活を送ってほしいと思います。
江田 晃史 文章を書くことです。 文章を書く事に慣れると、履歴書の作成や面接での受け答えが楽になると思います。また、私は毎日の報告書を書く事に苦労しているので、同じ思いをしない為にもぜひ。

就職活動中の方へ一言
中山 哲朗 就職活動は色々な会社を見て見聞を広めたり、自己分析で自分を見つめ直すいい機会だと思います。大変ですが是非がんばってください。
江田 晃史 システムエイジでは、研修期間が3ヶ月あります。その為、システム開発の経験が無い方や新卒の方でも、しっかりと仕事について学ぶことができます。やる気がある方にオススメできる会社です。

2016年度 | 2014年度 | 2012年度 | 2011年度 | 2008年度 | 2007年度